« 2013年12月29日 - 2014年1月 4日 | メイン | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »

2014年1月11日

● ふと☆

夜中の4時、ふとブログが書きたくなりました。

カナダに来て、もう4ヶ月経ちました。
ここに来た理由は、英語をもっと上達させる事。
今しかできない音楽を追究する事。
一度イギリスに留学して、新たな音楽の良さを知ったから。
日本との違い。みんなの音楽に対する受け入れ方の違い。
自分のやってきた事が間違いじゃなかったんだなぁと思わせてくれた。

みんなも知ってると思うけど本当は、
アメリカの音楽に触れたかったっていうのがあったけど
学生ビザが取れなくて、ここカナダにいるんだけど。
こう言うとなんか失礼だな。カナダに。

学校も行きつつ、音楽もしたかった。
だから学生ビザが必要だったんだけど。
でも、この歳で独身でミュージシャンの女が語学学校に
行きたいっておかしい事なのかな?一般的には。

一般的にって言葉は大嫌い。
そのチャンスがあるなら、それをしてもいいんじゃない?と思う。
少しズレてても(笑)
よっぽど人に迷惑をかけないならね。

ここに来れて良かったって思う。
カナダ英語好きだし。
カナダは、私を受け入れてくれた。

滞在も後少しだから、自分に後悔しないようにしなきゃと思って。
物思いに耽ってました。

ふと思い起こしたのは。
イギリスでのライブやバスキングでの事。
行った当初は、アジアの日本人のこんなひよっこが
受け入れてもらえるはずがないって自信が全くなかった。
正直に言って、私は、歌唱力が人よりずば抜けてる訳じゃない。
海外には、歌がうまい人なんて腐るほどいる。
見向きもされないんだなぁと思ってた。
でも、違った。
ちゃんと受け入れてくれた。
様々な驚きがあったよ。
人々の音楽に対する尊敬度が高い。反応が本当に素直。
日本で受けた事がないほどの反応がある。
何処かで歌えば、誰かがわざわざ話かけてくれる。
日本だと、お世辞かなって思う時はあるけど、
イギリス人はお世辞は言わない。ってのを、イギリス人から言われました。
なので、今まで受けた賞賛の言葉は素直に受け取ってるよ(笑)

そしてイギリスに住んでいた時に良く出ていたOpen Micの主催者が、
今もお誕生日やNew Yearにメールを送ってくれる。
お祝いの言葉と
『You're always welcome』
と言う言葉と共に。
色んなミュージシャンが出演してる中、覚えていてくれてるんだって
本当にちょこっとした事だけど、ちゃんと足跡を残してこれたんだなって。
1人感動してました。


カナダがもうちょっと音楽的に盛んだったら良かったのになぁ。
人は優しいし、カナダ英語は綺麗だし。
カナダ人とは仲良くなりやすい。
仲良くなれるのは、私が英語が上達したっていうのもあるのかな?
そうだと、なおいいな。

自信ね、自信、
人に迷惑をかけないなら、何を思うのも勝手。
ネガティブはなんのいい事もない。

とりあえず、毎日精一杯頑張るって事を言いたかったんです。

2014年1月 5日

● Open Mic☆

1524625_630969430299796_1218027593_n.jpg
This one was taken at Amsterdam bicycle club on 30th of December.
The friend of a musician who introduced me this venue took this photo :)
They cheered me with this message during my performance.wow!
I sang three songs here.
この写真は、アムステルダムバイスクールクラブというレストランで歌った時に
撮ってもらいました。
ここを紹介してくれたミュージシャンを、観に来ていたそのお友達が撮ってくれた。
そして、次の写真のこのメッセージを掲げて応援してくれた(笑)わお☆
3曲、歌ったよ。
1530547_630969533633119_767345993_n.jpgデザート
Why?
The A Team

Why?というAvril Lavigneの曲を
あるミュージシャンがタンバリンを叩いてくれて一緒にコラボ。
終わった後、色んな方に、良かったーって言ってもらえて、
握手まで求められた(笑)有名人?(笑)
「You are so amazing」って言葉もかけてもらった。へへ。
Thank you so much♡
1545060_630490780347661_514621453_n.jpg
そしてこの写真は、Supermarketという場所で歌った時の写真です。
これも、その日演奏していたキーボーディストを観に来てたそのお父さんが
撮ってくれました(笑)
こっちの人は、臆することなく話かけてくれるのが嬉しい。544127_630490803680992_1427543473_n.jpg
そしてこの写真の真ん中に写ってるのはDreadeyeさん。
このSupermarketという素晴らしい場所を教えてくれた方です。
この人が親切で色々とOpen micについて教えてくれる。

で次の写真は、そのDreadeyeさんが
その2週間前ぐらいかな?
Ein steinという場所で歌った時に撮ってくれた写真です。
毎回誰かと繋がっていけて、幸せを感じる☆
音楽の力はすごい!
てか、私の音楽力も上がってきてるのかな?(笑)
英語でのMCもだいぶさまになってきた。
発音が徐々に上達してきたのを感じる。
Speakingクラスに通ってたおかげだ。
先生がめっちゃ良くて、一人一人をきちんと観察して、
発音を矯正してくれた。
前は、イギリス英語の方がいいなぁって思ってたけど、
発音はカナダ英語の方が分かりやすくて綺麗だなと思います。
浮気しちゃいました(笑)
1471218_617957691600970_71717073_n.jpg
去年は、Speakingのクラスに2ヶ月通っていて。
洋楽の歌詞の分析をしたり、スラングを習ったり、プレゼンやディベートがあったり。
あるプレゼンの時間は、ギターの弾き方をみんなに教えたよ。
何か歌ってっていうリクエストもあったので「Let it be」を歌ったー。
そして、先生がクラスで一番の点数をつけてくれたんです。
これを聞いた時、めっちゃ嬉しかったなぁ。
いつもはシャイな私だけど、ギターを持つと人が変わるみたいです(笑)
普段ももっと自信持っていいはずなんやけどなぁ〜。と自分で思ったりもしました(笑)
自信が何事にも必要。英語にも。

今年からはまたまたIELTSのクラスが始まりました。
難しい事を学ばなきゃいけないかなぁと思ったので、
IELTSのクラスを選んだけど、
難しすぎるぅ。
普段に必要のない事も色々と学ぶので、意味があるのか?
思ってしまう時もあるけど、
決めた事だから頑張ろう。

カナダの生活も後2ヶ月を切ったから、
今できる事をバランスよくこなしていかなきゃ、後悔が残る。
なので、たまには息抜きをして、自分のペースで勉強を頑張っていこうと思う。
勉強はどこでもできるっちゃできるし、ここで出来る音楽は今しかないので、
バランスよく。バランスよく。
2014年の抱負は、バランスの良い女になる!です。
今年も頑張ります☆


▲このページのトップへ


Copyright(c) 女性シンガーソングライター岡田淳のブログ -「淳のひとりごと」- All Rights Reserved.「無断転記・転用を禁ず」