« 2013年7月14日 | メイン | 2013年7月23日 »

2013年7月19日

● 川口CAVALLINOでライブでした☆

Photo by prayer1017540_545910948805645_1548468031_n.jpgCan you see it on this photo??:D
I'm gonna sing in Ginza the day after tomorrow.
またまた歌います☆明後日!
私は、オープニングアクトです。
鈴木あいちゃんとも共演だ。嬉しい♪
この日は盛り上がるの間違いなし!
写真、いい感じでしょ?
2013.07.20(土)銀座Miiya Cafe
http://www.miiya-cafe.com/
《ふわ(o・v・o)ライブ》
open:17:45 start:18:15
ticket:¥2.200(前売り/予約) \2.400(当日)
出演:多胡紗智/繭/鈴木あい/大森真理子/
美元智衣/岡田淳(O.A)

私の出番はOpening Actの18時15分です。
楽しみやー。
Photo by prayer943631_486300981445514_1848068477_n.jpg川口CAVALLINOでライブでした。
初めての地だったので、川口の街を歩きたかったけど、
時間がなかったなぁ。
何が有名?って聞いたら
タロウ焼きって言ってたけどほんとかな?(笑)
Photo by prayer
993620_486299008112378_1472347265_n.jpg993908_486300921445520_1733104774_n.jpg
ここは、大人なイメージのライブハウスだなぁと感じました。
シックな落ち着いた雰囲気!
セッティングの時も
ゆったりとした良い音楽が流れていて
眠りに落ちたい気持ちになりましたw
Photo by ちゅん1075526_385276648240459_1820417098_o.jpg1073316_385276621573795_1044001148_o.jpg一発目のMCから、親知らずを抜いた話とか。
訳分からんかったですよね。
私は、内心、この話ここでするのは早いやん><と思いつつドキドキ話してしまいました。
いったん、話出すと修正難しい。
新しい歳になって、すぐに親知らずを抜いて、心機一転!
って事を言いたかったんです。
歯が痛いのも、治った♡

親に、私の歳を言ったら、
もうそんな歳!!!?って言われた。
はい。私もびっくりです。
でもでも、まだまだ今しか出来ない事はあるし、
遅いって事はないと思うし、後悔したくないし、
自分のできる事をやろうと思います。
Photo by prayer1010824_486299181445694_319549008_n.jpg1001023_486299061445706_1188694862_n.jpg
今回のセットリスト☆
空と海溶け合う瞬間
デザート
Curiosity
The A team
人魚の泪
I'm yours
朱色
1016361_486299511445661_286913016_n.jpg
Curiosityは、歌詞を覚えたよ。
英語の歌詞覚えるのって、ほんと時間かかるんですよ。
多分軽く100回は歌ってる気がする。もっとかな?
最近は少し慣れて来て嬉しいんです。
I get used to remember English lyrics. :)

次の写真は、朱色の最後のとこです。
最後の決め、ちょっと失敗した(笑)
次にリベンジやーーー!

あっ、ところで、リベンジって和製英語ですよね。
英語の本当の意味は、復讐!!とか仕返し!です。
こ、こわい。(笑)
和製英語って本当に多くて、よく間違って使ってしまいます。

ブックカバーも、和製英語で
Book jacketが正しいみたいです。
日々、勉強です。
Photo by ちゅん1074672_385276924907098_1623538722_o.jpg南紗耶ちゃんと八木亜由美ちゃんと☆ライブの打ち上げ*\(^o^)/*
ワインと美味しい料理をいただきました!
お客さんのかけてくれた言葉達が、やけに今日は心に響きました。ありがとうです♡頑張るぞー。
帰る時に、忘れ物はない?
って聞かれ、はーい!って言って帰ろうとしたら、
私の大事なギターを忘れてました(笑)1069391_545411932188880_1827418961_n.jpgこれは、もらったんです☆
嬉しいから披露(笑)
幸せです☆photo-43.JPG


▲このページのトップへ


Copyright(c) 女性シンガーソングライター岡田淳のブログ -「淳のひとりごと」- All Rights Reserved.「無断転記・転用を禁ず」