« 2010年2月 7日 - 2010年2月13日 | メイン | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月19日

● Coccoだった〜☆

根岸孝旨さんとサンコンJrさんが出演するというライブハウス
『晴れたら空に豆まいて』に観に行ったら
そのスペシャルゲストがCoccoだった〜☆
ここにCoccoが出てくるなんて!!

根岸さんもスペシャルゲストは
Coccoじゃないよって言ってたから
全然期待してなかったのに
超ビックリ!

一緒に観に行ったヒアーちゃんが、
Coccoの歌声を聴いて横で感動して号泣!

私も泣きたかった。。。
本当に心に響く歌声。

けど、冷静に
この歌声のように、
みんなに感動を与えられる人になりたい!
と思ってしまった。
只のファンじゃなく。
同じ歌い手として。
大それた想いやと思いつつ。

やっぱり根岸さんとCoccoの絆は深い。
言葉にはできない繋がりを感じた。

セットリストは

なごり雪
強く儚い者たち
新曲
Raining

何度も繰り返し聴いていた曲が
根岸さんのアコギと共に
歌われていく。

こんな近い距離で。

最後のRainingは
Coccoも感極まって、声がつまる場面も。

どうしよう?
素敵過ぎる。

2010年2月18日

● 和歌山ライブ2日間☆

waka1.jpgまずは
御坊市民文化会館でのライブ☆
恒例のミュージックフェス。
大きなステージ上に
スクリーンもあって
カメラマンが撮ってくれる映像が写ってる。
wa2.jpg
上に写っているのは
パーカッションの小水一也さんです。

写真を撮っていた父のカメラが
電池切れを起こしたらしく
かずっぺさんの写真が
これしかなくてごめんなさい。
wa3.jpg
セットリスト☆

未知数
宵の月
ぶきようなワルツ
靴の音を
アネモネwa4.jpg久しぶりの大きなステージは
気持ちいいもんですね。
客席があまり見えなかったけど
気持ちよく唄えました。
忙しい時に手伝ってくれた
かずっぺさんもありがとう。
PHOTO by 父

wa5.jpg最後の写真は
古着屋のフロンティアキングでの写真。
これはPHOTO by 母

セットリスト☆

未知数
デザート
宵の月
ぶきようなワルツ
ひなたぼっこ
人魚の泪
アネモネ

アンコール
朱色

次の日にもライブがあったので
ゆっくりみんなと話せなかったのが残念。

また帰ってくるので
みんなで集まりましょう!
wa6.JPG

2010年2月15日

● バレンタインライブ☆

バレンタイン2.JPGバレンタインデーの日☆
チョコの日。
四谷天窓でライブ。
上の写真はブラッティーマリーと根岸さんと私。

今回、根岸孝旨さんが一緒に出演して下さいました。
私の考えられないほど忙しい方なのに
1月のライブの時の約束を守って下さって。
しかも、また一緒に演奏してくれると言ってくれました。
はい。
宣言通り
早速ブログに書きました(笑)

また実現しますように。


今回、8組の出演者がいたので
リハと本番の間
4時間。

MCでも、話したけど
隣の駅の新大久保の楽器屋さんまで
歩いて行ってきました。
山手線の一駅は近いです。
15分ぐらい?
程よい運動!
ライブ前に、運動はいいかも。

超高級なギターやベース。
200万の楽器が当たり前に並んでる。
見てるだけで、満足感たっぷり。
いつかこんなギターを!


今回のセットリスト☆

白と黒
空と海溶け合う瞬間
深い森
デザート
人魚の泪
Rainbow

今回は、MC沢山しゃべりました。
まだまだライブが終わってほしくなかったんです。

4曲目のデザートから、
根岸さんがギターで参加して下さり。
そして、最後は
Dr.StrangeLoveの『Rainbow』を唄いました!
信じられへん。
Dr.StrangeLoveの曲を
そのメンバーの根岸さんと一緒に演奏できるなんて。
バッチリDVDに永久保存。
幸せなひと時。
楽しい時間ってあっという間や。

本当に本当にありがとうございます。

今日来て下さったみなさまも
本当にありがとうございます。
バレンタインをライブで過ごすのは
初めてです。
バレンタインは、私がみなさまに
ハッピーをあげなきゃいけないのに
私がいっぱいハッピーを頂きました。

素敵なバレンタインをありがとうございます。


〜きっと 僕達は 只 違う 空の下で
 ずっと 夢みてた場所へ 旅を続けてる〜
                   『Rainbow』


まだまだ私の旅は続きます。
バレンタイン1.JPG


▲このページのトップへ


Copyright(c) 女性シンガーソングライター岡田淳のブログ -「淳のひとりごと」- All Rights Reserved.「無断転記・転用を禁ず」